生産現場向け予知保全システムのスマート構築サービス

製造設備の予知保全のためのデータ分析に特化した、東京エレクトロンデバイス株式会社の診断基準自動生成マシン「CX-M」を活用したサービスです。

ホームソリューションスマートファクトリー/IoTソリューション生産現場向け予知保全システムのスマート構築サービス

生産現場向け予知保全システムのスマート構築サービス

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、「TED」)の診断基準自動生成マシン「CX-M」は設備の予知保全のためのデータ分析に特化した、オンプレミスで利用できる分析製品です。従来はデータサイエンティストが行なっていたデータの分析作業を自動化することで、分析時間、コストを大幅に削減し予知保全システムの実現課題を解決します。これにより、設備の時系列データを、分析専門知識のない生産技術者や設備保全者でも簡単に操作できるようになり、現場にいながらにして分析結果を活用した予知保全システムを短期間に実現できます。また少ない投資から利用を開始できるため、投資対効果を確認しながらニーズに合わせて順次、利用範囲を広げていくことができます。

ホワイトペーパー「誰もが製造現場の予知保全」はこちらから>


診断基準自動生成マシン”CX-M”

診断基準自動生成マシン”CX-M”のデータ分析作業プロセス

現場課題例

現場課題例_表

変化監視と状態診断

変化監視・状態診断図

生産現場のデータ活用の壁

データ活用グラフ 収集したデータを活用できていない
データ収集は開始しているが、そのデータからどの様に異常検知や故障予測を実現すれば良いのかを悩む企業が増えています。背景には、データ分析専門家の人材不足や分析業務の難しさがあります。


設備のデータは社外に出せない
設備のデータはデータ容量が大きいためクラウドなど外部システムでの保存や解析はコスト面でも課題があります。また、多くの製造業ではこうした設備データを外部システムに持ち出すことがセキュリティの面で、難しいため工場内でのデータ活用が完結する方法が求められています。

生産現場のデータ活用の声

“CX-M”が選ばれる4つの理由

01 分析自動化で専門知識不要
02 専用PCだから社内で利用可能
03 操作はGUIのマウス操作だけ
04 少ない投資から始められる
CX-Mは、設備の予知保全のためのデータ分析に特化したオンプレミスで利用できる製品です。設備の時系列のデータを、分析専門知識のない生産技術者や設備保全者でも簡単に操作でき、分析結果をすぐに現場に活用することができます。少ない投資から利用することができるため、投資対効果の面でもご利用いただきやすくなっています。

CX-Mの特徴1:ワンクリックで最適な診断基準プログラム(推論モデル)を自動生成

分析作業をCX-Mが自動で実施し
分析結果及び診断基準プログラム(推論モデル)を作成

診断基準プログラム(推論モデル)

CX-Mの特徴2:目的・データにあった分析機能

現場課題と収集したデータに合わせた分析メニューがそろっています。
「分類」「外れ値」「判別」分析で、診断基準プログラム(推論モデル)を自動生成

データはあるが
状態記録が不明確

A:状態の発見と分類
通常稼働時の
データしかない

B:正常からの外れ値検知
状態毎の
学習データがある

C:複数状態を判別

CX-Mの特徴3:モデル特性と推論理由を可視化

分析により作成した診断基準プログラム(推論モデル)の特性を可視化
診断基準プログラムが診断した自信度、着目したデータ箇所(列・行)を可視化

【推論理由】

【モデル特性】

CX-Mの特徴4:診断基準プログラム(推論モデル)をすぐに現場で活用

診断基準プログラム(推論モデル)は、開発なく
汎用PCで実行できるためシステム構築が素早く実現。

CX-Mの特徴4

予知保システム CXプラットフォーム

予知保システム CXプラットフォーム

ミツイワの分析診断サービス

実際に購入する前に、期待できる成果やご利用イメージをご判断いただけるよう、ミツイワでは、お客様がお持ちのデータからどのような分析結果が出るのか、実際にデータをお預かりし“CX-M“を使って分析診断するサービスです。ご興味のあるお客様は是非お声がけください。 分析診断サービス

こちらの製品に関するお問い合わせをご希望の方は、以下のフォームにご入力ください

■生産現場向け予知保全システムのスマート構築サービスへの問い合わせ






プライバシーポリシーに同意の上、送信ください。




インターネットからのお問い合わせ
総合窓口へのお問い合わせ