ホーム【連載】このロボット導入バイブルがすごい!のご紹介

【連載】このロボット導入バイブルがすごい!のご紹介

「このロボット導入バイブルがすごい!」一覧 生産性向上、省人化などを目的に、今やロボット・自動化設備は数多く導入されてき…

「このロボット導入バイブルがすごい!」一覧

生産性向上、省人化などを目的に、今やロボット・自動化設備は数多く導入されてきています。これから導入しようと検討されている企業も少なくないでしょう。 このバイブルでは企業の仕組みづくりなどを支援している「ものづくりテラス」代表の林 芳樹(はやし よしき)さんがロボット・自動化設備をスムーズに導入するノウハウを、全15回シリーズでお届けいたします。

【第一回】ロボット・自動化設備推進ステップと現状の課題

第一回目のテーマは「ロボット・自動化設備推進ステップと現状の課題」です。

生産性向上、省人化などを目的に、今やロボット・自動化設備は大企業のみならず、中堅・中小企業にも数多く導入されてきています。これから導入しようと検討されている企業も少なくないでしょう。導入に必要な投資額は、数百万円から、大きいものだと1億円を超えるものになり、決して小さなものではありません。・・・・(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る

【第二回】自動化設備・ロボット導入に向けて必要なスキル 生産技術力(1)

第二回目のテーマは「自動化設備・ロボット導入に向けて必要なスキル 生産技術力(1)」です。

生産技術とは、製造業においては開発された製品を高品質、低コスト、短時間で生産することをめざす「モノづくりの技術」です。「生産技術」と同じような言葉で「製造技術」がありますが、様々な違いがあります。 生産技術のミッションは「製品を作り出す全般」ですから、「工程設計」、「レイアウト設計」、「自動化設備の導入」、「冶工具開発」など多岐にわたります。これらはいずれも私たちがロボット導入の際に必要なものと お気づきになったと思います・・・・・・・(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る

【第三回】自動化設備・ロボット導入に向けて必要なスキル 生産技術力(2)

第三回目のテーマは「自動化設備・ロボット導入に向けて必要なスキル 生産技術力(2)」です。

前回は主に「生産技術の機能」についてご説明しました。今回は生産技術の機能を遂行する上 で必要となる「生産技術力」について考えてみたいと思います。・・・(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る

【第四回】生産技術部門を持たない企業はどう対応するか

第四回目のテーマは「生産技術部門を持たない企業はどう対応するか」です。

前回、前々回の2回に渡り「生産技術力」について考えてみました。しかし、中小企業や、大企業でもいわゆる三品産業(食品、医薬品、化粧品)と呼ばれる業界の企業を中心に、生産技術部門を有していないところが多くあります。ロボット導入においては、技術的な面を考えるのはもちろんのこと、要件をとりまとめたり、各部門との調整をしたり、さらにロボットSIer(システムインテグレータ)と要件定義作業を進めたりする必要があります。縦割の組織構造の場合、その役割をどこが担うかが問題となります。本章では「生産技術部門を持たない企業が、ロボット導入を円滑に進め、導入リスクをどのように減少していくか」に焦点を当てて、対応事例を含めてご紹介していきます。(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る

【第五回】導入企業が陥りやすい落とし穴(契約・要件定義編)

第五回目のテーマは「導入企業が陥りやすい落とし穴(契約・要件定義編)」です。

ロボット導入に向けてまずは自社の要件を明確にすることが大切であることは、本コラムの第一回目に示しました。自社要件がまとまった後、自社独自でロボット導入を推進する場合も あろうかと思いますが、多くの企業はロボットシテステムインテグレータの力を借りて行なうことになります。
この後、ロボットSIerへの見積、契約を経て、要件定義作業へと進むことになります。
今回は、この見積から要件定義作業までのプロセスに潜んでいる落とし穴とその回避策について考察していきたいと思います。(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る

【第六回】導入企業が陥りやすい落とし穴(仕様検討編)

第六回目のテーマは「導入企業が陥りやすい落とし穴(仕様検討編)」です。

前回のコラムでは契約~要件定義までの流れでの落とし穴についてお示ししました。今回は 仕様検討時の落とし穴について皆様と考えていきたいと思います。
ロボット導入のプロセスにおける「仕様検討」の位置づけを・・・(続きは本文をご覧ください)


全文をPDFで見る
インターネットからのお問い合わせ
総合窓口へのお問い合わせ