ホームお知らせForesight Journalホワイトペーパー「誰もが製造現場の予知保全」を公開しました

お知らせ

ミツイワからのお知らせをご案内します。

ホワイトペーパー「誰もが製造現場の予知保全」を公開しました

◆◆自社にデータサイエンスやAIエンジニアがいなくても、製造現場の予知保全を行うことは可能です◆◆



工場の稼働率を高める最良の方法は製造装置が止まっている時間(ダウンタイム) を減らすこと、トラブルが発生したらすぐに対応し、その原因を摘み取ってずっと動き続けられる状態にすることです。

しかし、実際の製造現場では日々それに向けた試行 錯誤を繰り返し、苦心しているのが実状です。

生産ラインが止まるトラブルは大別して2つあります。

ひとつは外的要因。例えば部材の納品遅れや生産計画の変更、作業者のミスもこれに含まれます。もうひとつは、不調や不具合、故障など製造装置自身に起因するものです。

そこで、今回公開したホワイトペーパー「誰もが製造現場の予知保全」では、生産ラインの稼働率を高めるために有効な手段となる『予知保全』についてご紹介しています。



ホワイトペーパー「誰もが製造現場の予知保全」はこちら


インターネットからのお問い合わせ
総合窓口へのお問い合わせ