「2019国際ロボット展」出展のお知らせ

現在ロボット技術は、AI やICT の発達と共に、モノづくりの現場から身近な生活まで活躍の場を広げています。

日本では、第四次産業革命を受けてConnected Industries が打ち出され、重点分野としてロボットが位置づけられています。
さらにこれから、ロボット技術による生産性向上や介護・医療、農業、インフラなどの分野での活躍がますます期待されます。

ミツイワ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:羅本礼二、以下ミツイワ)は、2012年4月よりロボットシステムインテグレータ企業として製造現場における自動化、AI、IoTの導入による製造現場の見える化、
生産性の向上に取り組んでおります。

また、2018年7月よりFA・ロボットシステムインテグレータ協会(SIer協会)の一員として、SIerの事業環境の向上及び能力強化、
SIerを取り巻く関係者間の連携促進、産業における生産活動の高度化を推進し、我が国の産業の持続的発展と競争力の強化に取り組んでおります。

この度、国際ロボット展に出展致します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

■ 出展情報
名  称 2019 国際ロボット展[INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2019(iREX2019)]
開催趣旨 国内外における産業用・サービス用ロボットおよび関連機器を一堂に集めて展示し、利用技術の向上と市場の開拓に貢献し、ロボットの市場創出と産業技術の振興に寄与する。
テ ー マ 「ロボットがつなぐ人に優しい社会」主催一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
日  時 2019年12月18日(水)~ 21日(土)(4日間)
会  場 東京ビッグサイト 青海ホール A-13
開催時間 10:00 ~ 17:00
キャッチ
フレーズ
ゼロから始めるロボット技術者育成、工場自動化・省人化、そしてスマートファクトリーへの発展!!
見どころ 人手不足、生産性向上などでお困りではありませんか?
工程の自動化、省人化のお手伝いをさせて頂きます。
今回は、ロボットデモ機3台を展示します。貴社でのロボット導入、自動化のヒントとして頂ければと思います。
展示会当日はお悩みをお聞かせ頂き、ぜひお力になれればと思いますので、ロボット活用、設備稼働監視、予知保全等、是非ご相談ください。
出展内容 【技術者教育】 ロボトレーナー
【人協働】   人協働ロボット duAro(プレス機ロード/アンロード)
【組立】    富士通)組立ロボット 
【画像検査】  富士通)外観検査
【稼働監視】  FANUC FIELD systemスタートアップパッケージ
【予知保全】  CX-M 異常判別プログラム自動生成マシン
【NW監視】  NetSkateKoban   
■ 出展者セミナー
実施日時 2019年12月19日(木)14:30~15:10
会  場 東京ビックサイト 青海セミナー会場
発 表 者 ミツイワ)スマートファクトリー推進部)泉 貴史
発表タイトル DX時代における製造現場の取り組みについて
発表概要 DXという言葉が巷に溢れている中、DXが製造現場にもたらす変化と期待について事例を基にご紹介します。
01国際ロボット展2019_展示ブース
02国際ロボット展2019_ロボトレーナー

国際ロボット展サイト:https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/
※HPより来場事前登録をお済ませの上、ご参加の程宜しくお願い申し上げます。