JUAVAC、i-Constructionに準拠した高度ドローンオペレータを全国規模で育成
~ パスコ監修による高度専門カリキュラムの提供を開始 ~

当社が運営を支援しているドローンの普及促進団体である『一般社団法人日本UAV利用促進協議会(JUAVAC)』が、監修する『JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー』がカリキュラムを強化します。

一般社団法人日本UAV利用促進協議会 プレスリリース

[ 報道機関各位 ]

2018年8月27日

一般社団法人日本UAV利用促進協議会

JUAVAC、i-Constructionに準拠した高度ドローンオペレータを全国規模で育成
~ パスコ監修による高度専門カリキュラムの提供を開始 ~

 ドローンの利用促進団体である一般社団法人日本UAV利用促進協議会(以下 JUAVAC、本部 東京都渋谷区、代表理事 羅本 礼二)は、国土交通省が推進する建設現場への「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等を目指す取組であるi-Construction(アイ・コンストラクション)の普及促進に不可欠な、高度ドローンオペレータの育成支援プログラム「測量基本技術コース 中級」を、全国のJUAVAC ドローン エキスパート アカデミー各校にて9月中旬より順次講習受付を開始いたします。

 本プログラムは、航空測量の先端技術を有する株式会社パスコ(本社 東京都目黒区、代表取締役社長 島村 秀樹)の技術支援の下、 i-Constructionに準拠した写真測量技術とドローン運用技術を融合させた高度専門プログラムで、実際の現場で活躍できる即戦力育成を目指しています。

■背景
 迫りくる労働人口の減少や高齢化による生産性の低下は建設分野の抱える大きな課題となっています。こうした中、国土交通省は「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入し、建設生産システム全体の生産性向上と魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction(アイ・コンストラクション)を推進しています。しかし、普及促進のキーワードであるドローンによる3次元測量を正確に実施できるエンジニアは圧倒的に不足しています。

 JUAVACでは、こうしたエンジニア不足の課題を解決するためにドローン教育で培った安全で高い操縦技術指導力とパスコの持つ航空写真測量の先端技術を組み合わせ、「実際の現場で活躍できる即戦力育成」を通してi-Constructionの推進を支援すること目指して当プログラムの開発を行ってまいりました。

■プログラムの概要
 「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」・「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)」に準拠した知識と技能を実現場に即した内容で習得できます。

 また、i-Constructionに準拠したドローン写真測量技術と運用は、自治体やゼネコンなどの発注者側の工事管理能力と、受注者側である測量事業者などの施工技能がかみ合うことで高い精度と生産性を担保します。そこでJUAVACでは、発注者側を管理士、受注者側を技能士として各々の技術を一貫して学ぶことで、i-Constructionに準拠した知識と技能を習得できるプログラムを構築いたしました。

 さらに、講習内では現場運用に即した能力を身に付けられるように、実際の基準点ベースの精度管理はもとより、点群編集や三次元設計データ作成・出来形管理・土量計算などを、実現場と同じアプリケーションを用いて技能習得ができる内容となっています。

<座学>
・「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」概要、規定、準則の理解
・標定点・検証点の配置、観測手法
・撮影計画・自動航行
・撮影精度管理
・三次元形状復元計算
・点群編集 など

<実技 及び 実習>
・撮影計画
・作業結果点検
・三次元形状復元計算
・点群編集
・精度管理
・三次元設計データ作成
・出来形管理・土量計算 など

■関連情報
●一般社団法人日本UAV利用促進協議会 JUAVACについて
 ドローンの普及促進・高度利活用を目的に設立。ドローンの安全飛行教育や、老朽化する社会インフラ維持管理点検支援技術構築などを展開。不足するドローンエンジニアの解消を目指して、安全教育と現場に寄り添う専門プログラムを有するJUAVAC ドローン エキスパート アカデミー を全国に展開中。
・所在地:本部 東京都渋谷区渋谷3-15-6(ミツイワ株式会社内)
     事務局 千代田区神田佐久間町4-14(株式会社セベック内)
・代表者:羅本 礼二(代表理事、ミツイワ株式会社 代表取締役社長)
・設 立:2016年10月21日
・ウェブサイト(スクールWeb):http://www.juavac-droneschool.jp/

●株会社パスコ について
 土木工事現場においてゼネコン各社と共同研究や実証実験を実施し、求められる精度を担保するための飛行計画から補正処理などの最適化ノウハウを蓄積しています。
また、地上型レーザ計測機やMMS(移動体計測車両)などのドローン以外の計測・測量機器の活用ノウハウも保有し、写真測量や画像処理などの3 次元データ化の高速処理技術も保有しています。
・所在地:本社 東京都目黒区東山1-1-2 東山ビル
・代表者:島村 秀樹(代表取締役社長)
・設 立:1949年7月15日
・ウェブサイト:https://www.pasco.co.jp/products/i-con/

■本件報道に関するお問い合わせ
一般社団法人日本UAV利用促進協議会 事務局 中村
      TEL:03-5809-3494、FAX:03-5809-1435
      nakamura-t@juavac.or.jp

以上

※記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。