VANTIQ

「システムの温度が上昇する」「カメラが人や物を感知する」など、ビジネスの現場で発生する重大な事象をリアルタイムに検知して処理する、イベント・ドリブン型リアルタイム・アプリケーション開発プラットフォームです。必要な情報を瞬時に伝え、迅速な判断や行動を促すほか、柔軟で拡張性も高いため、最先端のアプリケーションを短期間で開発することができます。

ホーム ソリューション スマートファクトリー/IoTソリューション VANTIQ

革新的アプリケーションで
ビジネスをリアルタイムに。

ビジネスは常に様々なイベントに晒されています。有利に働くイベントもあれば、脅威をもたらすイベントもある。だからこそ、そのイベントにどう対応できるかが成功の鍵となります。VANTIQのイベント・ドリブン・アーキテクチャは、ビジネスに関係するイベントをリアルタイムに処理。従来のデータベース中心の環境では叶えることができなかった多彩なアプリケーション開発を可能にします。

  • イベントドリブン
    アーキテクチャ

    発生したイベントをリアルタイムに処理し、データベースを経由せずにアクションにつなげるスマートな開発プラットフォームです。

    ▶詳しくはこちら
    イベントドリブンアーキテクチャ
  • 分散デプロイ・分散実行

    完成したアプリケーションをクラウド、エッジ、オンプレミス、社内サーバーなどに簡単にデプロイできる機能が備わっています。

    ▶詳しくはこちら
    分散デプロイ・分散実行
  • マンマシン
    コラボレーション

    「今、欲しい」情報を、「今、欲しい」タイミングで提供する「人とマシンの協業」をプラットフォームレベルでサポートしています。

    ▶詳しくはこちら
    マンマシンコラボレーション
  • スケーラビリティ

    実証実験で作成したアプリケーションの配置や使用用途も思いのまま。環境を変更する必要もなく、そのままフィールドで活用していただくことができます。

    ▶詳しくはこちら
    スケーラビリティ
  • 簡単・高速開発

    システムを直感的に操作できるGUI開発画面を採用することで、難度の高いアプリケーションを短期間に開発することができます。

    ▶詳しくはこちら
    簡単・高速開発
  • フェイルファスト

    発生したイベントをリアルタイムに処理し、データベースを経由せずにアクションにつなげるスマートな開発プラットフォームです。

    ▶詳しくはこちら
    フェイルファスト
  • イベントドリブン
    アーキテクチャ

    発生したイベントをリアルタイムに処理し、データベースを経由せずにアクションにつなげるスマートな開発プラットフォームです。

    ▶詳しくはこちら
    イベントドリブンアーキテクチャ
  • スケーラビリティ

    実証実験で作成したアプリケーションの配置や使用用途も思いのまま。環境を変更する必要もなく、そのままフィールドで活用していただくことができます。

    ▶詳しくはこちら
    スケーラビリティ
  • 分散デプロイ・分散実行

    完成したアプリケーションをクラウド、エッジ、オンプレミス、社内サーバーなどに簡単にデプロイできる機能が備わっています。

    ▶詳しくはこちら
    分散デプロイ・分散実行
  • 簡単・高速開発

    システムを直感的に操作できるGUI開発画面を採用することで、難度の高いアプリケーションを短期間に開発することができます。

    ▶詳しくはこちら
    簡単・高速開発
  • マンマシン
    コラボレーション

    「今、欲しい」情報を、「今、欲しい」タイミングで提供する「人とマシンの協業」をプラットフォームレベルでサポートしています。

    ▶詳しくはこちら
    マンマシンコラボレーション
  • フェイルファスト

    発生したイベントをリアルタイムに処理し、データベースを経由せずにアクションにつなげるスマートな開発プラットフォームです。

    ▶詳しくはこちら
    フェイルファスト
イベントドリブンアーキテクチャ

効率的な大量イベント処理

イベントドリブン
アーキテクチャ

イベントとは、温度の上昇や人物の感知などシステム上に発生する全ての事象を指します。イベントドリブンアーキテクチャ(EDA)では、「センサーデータの受信や人の操作によって発生する事象」など「何か起こった事全て」をイベントとして捉えます。イベントが発生した場合は、抽出・検知、処理をリアルタイムに実施。処理結果は別のイベントとして発行され、アプリケーションがまた検知をするなど、定められたフローに基づいて次の動作に繋げていくアーキテクチャです。

規模の変化に柔軟に対応

スケーラビリティ

データベースを中心に構成されている従来のプラットフォームは、実行環境の規模を拡張する際にパフォーマンスに影響が出てしまいます。そのため、規模が変わるとアプリケーション設計やデータベース設計にも大幅な変更を余儀なくされます。VANTIQが採用しているイベントドリブンアーキテクチャ(EDA)ではデータベースを利用しないため、実証実験で開発した環境を大きく変更することなく、そのままフィールドで活用していただくことが可能です。

スケーラビリティ
分散デプロイ・分散実行

最適な処理の配置

分散デプロイ・分散実行

VANTIQは「分散デプロイ・分散実行」をコンセプトの一つにしています。どのようなIoT環境下でも多種多様なエッジシステムへ簡単にデプロイできる機能を持っています。開発時点では処理を行う場所がエッジなのかクラウドなのかを意識する必要がなく、すべてデプロイ時に決定することができます。

高生産性を支えるGUI開発画面

簡単・高速開発

VANTIQなら、リアルタイム非同期処理や複合イベント処理を組み合わせた高難度のアプリケーションをGUI開発画面で簡単・高速に開発することが可能です。この卓越した開発環境により、8割以上のコーディングを減らすことができるほか、開発期間も1/10以下に短縮。GUI上だけでは開発が難しい作り込みはVAIL(※1)により細かくカスタマイズすることもできます。
※1 VAIL:JavaScriptとSQLを組み合わせたようなVANTIQ独自の開発言語

簡単・高速開発
マンマシンコラボレーション

人とマシンの協業を実現

マンマシン
コラボレーション

完全自動化が難しい現在のIoTでは、人による処理や判断を介入させる必要があるため、人とマシンの連携が必須となります。VANTIQは通知やアサイン、エスカレーションなど様々な連携をプラットフォームレベルでサポート。「今、欲しい」情報を「今、欲しい」タイミングで提供する「人とマシンの協業」を実現しています。

成功を導く早期の失敗

フェイルファスト

IoTの開発はトライ&エラーの連続です。最初から答えが見つかることは少なく、アプリの拡張・実験を納得いくまで繰り返す必要があります。しかし、毎回ゼロからアプリケーションを開発することは現実的ではありません。VANTIQなら試作のアプリケーションを簡単に作成できるので建設的な失敗を早期に繰り返すことができます。

フェイルファスト

専用の開発環境構築は不要。
ブラウザさえあれば、すぐにでも開発が可能に。

複雑で手間のかかる大量のイベントデータ処理ロジックをGUI上で構築することができます。
従来手法では難しかったデータの流れをリアルタイムで見ながら開発する事ができます。

専用の開発環境構築は不要。ブラウザさえあれば、すぐにでも開発が可能に。

専用の開発環境構築は不要。
ブラウザさえあれば、すぐにでも開発が可能に。

複雑で手間のかかる大量のイベントデータ処理ロジックをGUI上で構築することができます。
従来手法では難しかったデータの流れをリアルタイムで見ながら開発する事ができます。

code1 code1

■ リアルタイムアプリケーションの処理ロジックとーデータの流れをフローチャート形式で簡単に記述可能です。

code2

■ アプリケーションが利用しているリソースの全体像を簡単に把握出来ます。

code3

■ VAIL※1を利用することで細かなカスタマイズも可能です。
※1 VAIL:JavaScriptとSQLを組み合わせたようなVANTIQ独自の開発言語

人とシステムの密な連携がIoTの真髄。
様々なセンシングデータを基に、最適な行動を。

  • pc
  • communication
  • sp

■ 人とシステムの連携も簡単に記述が可能です。

現在のIoT活用では必須となる人とシステムの連携。
VANTIQでは、データ処理ロジックだけで無く、人とシステムとの連携ロジックもシンプルな記述で作成することができます。

  • pc
  • communication
  • sp

■ 人とシステムの連携も簡単に記述が可能です。

データの見える化に時間をかけている暇はありません。
データの流れを即座に見て、開発をアジャイルに。

VANTIQではコンポーネントをマウスで配置し、すぐにデータの見える化を行う事ができます。
データの挙動を可視化することで、ロジックがうまく挙動していない時にも速やかに修正対応ができます。

flow-icon
  • flow01

    ■ リアルタイムに確認することが難しかったデータストリームの中身もすぐに確認出来ます。

  • flow02

    ■ 複雑な挙動もGUI上で簡単に記述でき、ロジックの修正もアジャイルに行う事が出来ます。

  • flow03

    ■ 様々なセンサーからの生データも処理途中のデータも、簡単に可視化が出来ます。

データの見える化に時間をかけている暇はありません。
データの流れを即座に見て、開発をアジャイルに。

VANTIQではコンポーネントをマウスで配置し、すぐにデータの見える化を行う事ができます。
データの挙動を可視化することで、ロジックがうまく挙動していない時にも速やかに修正対応ができます。

  • flow01
  • flow01

■ リアルタイムに確認することが難しかったデータストリームの中身もすぐに確認出来ます。

flow02

■ 複雑な挙動もGUI上で簡単に記述でき、ロジックの修正もアジャイルに行う事が出来ます。

flow03

■ 様々なセンサーからの生データも処理途中のデータも、簡単に可視化が出来ます。

例えばこんなフィールドで活躍できます

  • 製造業

    製造業

    生産現場から上がってくる大量のデータを監視することにより、故障の予兆を検知したり、突発的な機械の故障に対し、リアルタイムに対応。工場のダウンタイム減少、パフォーマンス向上に寄与します。

  • フィールドサービス

    フィールドサービス

    保守対象の機器が故障した際に、機器の種類や技術者のスキル、スケジュール、位置情報などから適切な技術者を作業に割り当て、迅速な修理対応をサポートします。

  • スマートシティ

    スマートシティ

    ビルの入退場管理、交通状況監視、ライドシェア等、日常生活で発生するイベントを複合的に処理し、より快適な生活仕組みづくりに役立てます。

  • サプライチェーン

    サプライチェーン

    製品データの在庫量や消費期限などをリアルタイムに一元管理することにより、ダイナミックプライシングなどを行う事で、適切な在庫量調整、廃棄減に貢献します。

  • 輸送

    輸送

    商業輸送システムに関わる配送員や輸送機器、貨物の位置追跡により、異常や遅延をリアルタイムに検知、的確な配送経路の提案や代替輸送の手配サポートなどを行います。

  • 防犯

    防犯

    多数のAIカメラから得られた人物・物体データや人感センサーからのデータなどをリアルタイムに複合イベント処理することで、不審者・侵入者の検知や追跡を自動的に行い、最寄りの警備員への通知、迅速な出動を可能にします。

  • 防災・減災

    防災・減災

    河川に設置した多数の水位センサーの変化量を検知し、リアルタイムに災害発生地点を推定することで、位置情報に基づいた災害発生前の異常通知、災害発生後の避難誘導等、防災・減災対策に貢献します。

  • 病人・要介護者の見守り

    病人・要介護者の見守り

    病院や施設内の多数のカメラとAIを連携させることで、転倒や徘徊、異常行動などを検出する事ができ、最適な看護師や介助者へ通知をすることで、迅速な駆けつけを行う事ができます。


VANTIQに関するお問い合わせをご希望の方は、
こちらのフォームよりお問い合わせください。

インターネットからのお問い合わせ
総合窓口へのお問い合わせ