中国での暗号化製品使用 申請支援サービス
中国 暗号製品使用
申請支援サービス
詳細資料のご要望は
以下のお問合せより
お願いします。

SecureDocのサイトへ

ミツイワ株式会社
ソリューション営業部
℡03-3407-9188
solution@mitsuiwa.co.jp
東京都渋谷区渋谷
3-12-18
渋谷南東急ビル
会社概要
個人情報保護方針
中国の「商用暗号管理条例」をご存知でしょうか?御社社員の中国出張は万全でしょうか?

国政府は中国国内での暗号技術及び暗号化製品の研究開発、製造、販売、及び使用の管理を強化する為、1999年10月より「商用暗号管理条例」という法令を実施しています。

この法令は海外の組織、及び個人に対しても、中国国内での暗号化製品の無許可使用を制限したものです。そして、2007年5月1日より前述の条例を基に海外の組織、及び個人に対し、厳密な管理措置を打ち出したと同時に中国国内での
暗号化製品の無許可使用の取締りをさらに強化しています。

暗号化製品を持込み使用する場合にも、使用許可の申請が義務付けられ、無許可で暗号化製品を使用した場合には条例違反となり、暗号化製品が入っている機器(PC)を没収するなどの罰則対象となります。


こんな時の為、早めの申請をお薦めします。
●社内スタッフの中国出張が多く、出張中にも社内機密情報を安全に扱いたい。

●セキュリティ対策の一環として、会社全体に暗号化製品を導入している
社員が出張時にうっかり暗号化製品を中国に持込み、罰則の対象となった場合の企業イメージダウンを防ぎたい。

●現在、会社では中国出張時のPC携帯禁止措置を実施している。
その為、スタッフの現地での通信手段が限られ、仕事の効率がかなり低下しているので、一刻も早く現状を改善したい。

申請手続きについて
申請窓口
地方の暗号管理機構に申請書類を提出し、仮審査されます。その後、国家暗号管理局に提出され、本審査が行われます。

●申請イメージ

現在、申請窓口は中国国内しか設置されておらず、中国語による申請書類の作成や、申請内容審査への対応等が煩雑な為、多くの企業、及び個人にとって、この手続きは大きな負担となっています。その為、中国出張の都度、携帯PC内の暗号化製品を外して対応している企業もあるようですが、これでは手間が掛かるだけではなく、大きなセキュリティホールにもなります。

サービス内容
企業組織、個人事業主、及び中国現地での利用形態によって、申請の提出書類が異なり、厳密に規定されています。本サービスでは中国現地での煩雑な申請作業の代行を始め、皆様の製品利用形態に沿った最適な申請方法をご提案します。
具体的なサービス内容、及び作業工程は以下の通りです。
1.お客様の製品利用形態を分析し、申請方法、及び申請内容を確定します。
2.申請書類の作成や、添付書類の中国語翻訳を行います。
3.中国現地での申請手続きを行います。
4.審査中の中国政府担当者からの質問への対応や、申請内容審査への対応などを行います。
5.お客様に製品使用許可書を交付します。

必要書類、所要時間
申請形態 必要書類 所要時間
企業組織 ・暗号化製品利用申請書類
・法人営業許可証コピー
・会社案内
・代表者身分証明
・暗号化製品説明書、及びその中国語翻訳版
・その他
約2~3ヶ月
個人事業主 ・暗号化製品利用申請書類
・パスポートコピー
・暗号化製品説明書、及びその中国語翻訳版
・その他
*上記の申請書類は必要最低限の申請書類です。他の添付資料を求められることもあります。

暗号化製品使用申請 支援サービスFAQ
Q1.対象の暗号化製品は何でしょうか?
SecureDoc、SafeBoot、PointSec、秘文・・・等の主要な製品に対応します。
また申請に添付が必要な製品説明書(中国語翻訳の必要あり)を提供頂ければ、殆どの製品は対応可能です。
但し、安全保障輸出管理に基づく該非判定書(暗号特例が適用できる証明を含む)が入手できることが前提です。詳細はお問い合せ下さい。

複数の暗号化製品をご利用されている場合、グループ会社でまとめて申請を行いたい場合にも、対応は可能です。
Q2.この法令が対象となる海外の組織、及び個人には、どのような組織や個人が該当するのですか?
外国駐中国外交代表機構、領事機構、及び国際組織駐中国代表機構を除き、全ての組織が該当します。個人は中国籍以外の全ての人々が対象となります。

Q3.暗号化機能を内蔵している外付けのハードディスク、及びその他の記憶装置も対象となりますか?
対象となります。

Q4.暗号化製品が入っているノートPCを携帯して、中国へ2,3日の短期出張でも申請する必要がありますか?
申請する必要があります。そのPCを無許可で持ち込み、発覚した場合には罰則の対象となります。

Q5.申請手続きをすれば、必ず使用許可が取れますか?
必ず使用許可が取れるとは限りませんが、今までに得た情報内では拒否されたケースはありません。

Q6.中国で暗号化製品を販売したい場合の申請もお願いできますか?
個別対応とします。詳細はお問い合せ下さい。

Q7.日本以外から、中国への暗号化製品使用申請にも、対応はできますか?
個別対応とします。詳細はお問い合せ下さい。

Q8.費用はどれくらいでしょうか?
主には、以下のケースにより変わります。 詳細はお問い合せ下さい。
・申請対象の暗号化製品の数
・同時に申請されるグループ/系列会社の数


ページトップへ
記載の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。