ネットワーク出入り口標的型攻撃 対策支援サービス




ネットワーク出入り口標的型攻撃対策支援サービス


攻撃の手段は年々巧妙になってきています。最新のテクノロジを利用したFireEye®が、標的型サイバー攻撃を正確かつ迅速に検知し、お客様の機密情報を守ります。





FireEye®が検知したアラートを基に、重大アラートをお客様へ報告し、標的型攻撃の対処方法をサポート致します。









ミツイワMSSセンターがアラートを精査し、重要なアラートが発生した場合、具体的な対処方法を記載したレポートを電子メールにてお客様にお送りします。


項目 費用 内容
初期費用(48ヶ月版) ¥2,980,000   ハードウェア本体(FireEye2500NX)※1、ライセンス費用(4年分)、
 オンサイトハードウェアサポート※2
初期費用(60ヶ月版) ¥3,480,000   ハードウェア本体(FireEye2500NX)※1、ライセンス費用(5年分)、
 オンサイトハードウェアサポート※2
導入費用 ¥800,000~   基本設計サービス、 ハードウェア設置
月額費用 ¥56,000 / 月   運用サポートサービス※2※3※4
リモート解析サービス ¥25,000 / 件   お客様の機器にリモートで接続し、ログ調査を行います。※5
※1.ネットワーク出入り口標的型攻撃対策支援サービスは、ハードウェア1台に対して端末数1,000台までのご利用を想定しております。
※2.サービスご提供時間は、平日9:00~17:00(土日祝、年末・年始は除く)です。
※3.運用サポートサービスは、コール受付、稼動監視、アラートレポートサービス、ウイルスアラート発生時の一次対応支援*が含まれます。
※4.重大アラート受付件数は3件 / 3ヶ月までとなり、アラート件数がそれらを超えた場合は別途費用がかかります。
※5.対象製品へHTTPSアクセスができる必要があります。
*一次対応支援は対応についての情報を提供するもので、実際の対応作業等の実施はお客様の作業となります。弊社SEによる対応(リモート・オンサイト)が必要な場合は、別途SEサポートサービスを契約いただく必要があります。(別途お見積もり)

 

▼ 本件に関するお問合せ

ミツイワ株式会社
セキュリティビジネス推進部
TEL:03-3407-2183 FAX:03-5467-1722
問い合わせ:https://www.mitsuiwa.co.jp/inquiry/