障害機歴管理

shougai-kireki.jpg

障害機歴管理サービス

 企業規模問わず  

最小のコストでシステム運用に最大の効果システム障害機歴管理でランニングコストを適正化

 

ハードウェアの障害機歴の把握でランニングコストを適正化。システム管理者に求められる、システム運用の最適化、企業成長に合わせた大規模システム導入、展開作業。管理者は毎回導入費やランニングコストを試算しているのが現状です。契約中のサポートサービスにシステム障害機歴管理サービスを追加することで、機器ごとのサポート契約時期、最小コストで最大の効果を得るためのサポート範囲を簡単に把握できるサービスが「障害機歴管理サービス」です。

「障害機歴管理サービス」のご利用には「ハードサポート契約」、「マルチベンダーサポート契約」、「ネットワーク障害切り分けサービス」のいずれかをご利用中であることが必須条件です。その他のMSS契約をご利用中のお客様は、担当営業、CEへお問
い合わせください。

● 障害に関する連絡をMSSセンターにすることにより、MSS障害内容と対応を記録、保管
● 管理状況を月間レポート「稼働状況報告書」として報告
● リプレイス時期、適正機器購入の判断資料として報告書をご利用

●平日 9:00~17:00

●「障害機歴管理サービス」は個別見積商品です。詳細な価格については担当営業まで
 ご相談ください。

●「障害機歴管理サービス」をご利用いただくには「ハードサポート契約」、「マルチベンダーサポート契約」、
 「ネットワーク障害切り分けサービス」のいずれかのサービスをご利用中であることが必要です。
 その他のMSS契約をご利用中のお客様は、担当営業/CEへお問い合わせください。