ホーム > お問い合わせ
ミツイワ個人情報保護方針


「食品製造業様向け」食品表示法対応セミナー

~法令順守としての取り組みについて~


   食品製造業を取り巻く経済環境は、原油価格の高騰、穀物のバイオ燃料用途の需要拡大、天候 不順を背景として原料農産物の需給逼迫と原料価格高騰に直面しています。しかし、原料価格高騰を 商品価格に転嫁することはできず、作業効率化など社内コストを見直して対応している企業が多く、 食品業界では厳しい経営が迫られております。
   また、2007年の中国毒餃子事件、2011年の食中毒ユッケ事件、2014年の農薬混入事件、異物混入事件など、 年々食の安全に対する世間の関心は強まっております。 この流れを受け、2015年4月1日より食品表示法が施行され、食品製造業様は刻々と変化する法令に対応 していかなければなりません。
   本セミナーでは【食品表示対応セミナー】と題しまして、法令順守としての取り組みの観点から話をさせて頂きます。


◆セミナー概要◆
  主      催     :  ミツイワ株式会社
  協      賛     :  eBASE株式会社
  日      時     :  平成27年7月28日(火) 14:00~16:00(受付開始 13:30~)
  場      所     :  ミツイワ株式会社 セミナールーム
                       東京都渋谷区渋谷三丁目12番18号 渋谷南東急ビル12F
                       地図 : http://www.mitsuiwa.co.jp/map/oside/000014.html
  参 加 費     :  無料
  定      員     :   30名(申込先着順)
  お申込締切:  2015年7月17日(金)
  お問合せ先:  ミツイワ株式会社 営業本部 第四営業部 田中・中原
                         Tel:03-3407-2730

◆TIME TABLE◆                            
14:00~14:05ご挨拶
14:05~14:40

『新食品表示基準の変更点について』
~品質表示作成時の注意ポイント~

 
2015年4月1日に施行された食品表示法によって、食品表示基準が変更されました。
それによって今までの表示からどのような変更点があるのか、ポイントを絞って説明致します。
次のような方にオススメです。
・食品表示の作成・確認業務に携わる方
・食品表示法の概要を知りたい方
・旧法と新法に定められた食品表示基準の主な変更点を知りたい方
14:40~14:50休憩
14:50~15:30

『食品仕様書管理システムを用いた法令順守について』
FOODSBASEによるデータベースの構築と活用~

 
継続的な法令順守には、法令改訂に対応できるシステムの利用が効率的です。
FOODSeBASEは食品業界で約17000社、70000ユーザーにご利用頂いている仕様書管理システムです
下記のような特徴があり、正確な原材料情報の収集と活用によって品質表示が作成できます。
・仕様書のフォーマットを統一しているため、企業間のデータ交換がスムーズに行えます。
・無償操作説明会の定期開催、サポートセンターの完備などサポートが充実しています。
・仕入先様に費用負担かけず、原材料仕様書を収集が可能です。
・収集した原材料情報から、法令に則った品質表示を作成できます。
・法令改訂やユーザー様要望は、協議の上バージョンアップで保守対応。
・商品仕様書関連業務のQCDに貢献できます。※Q=品質、C=コスト、D=納期
今回は、上記の内容とともに、お客様での事例などをご紹介させて頂きます。
15:30~15:50

『フードディフェンスから個人チェックによる衛生管理サポートの取り組み』
~個人衛生管理システムの構築~

 
フードディフェンス、フードセーフティの観点から、出社時に本人から健康状態などの情報を自己申告
することで『健康管理』と『労務管理』の一元管理が実現できます。また、衛生管理者や品質管理者の
方が、 この自己申告内容をもとに本人と再確認をすることにより、入場時の健康状態管理を実現出来ます。
<導入効果>
1.工場毎、部門毎だけではなく、全社での勤怠管理と健康状態情報の把握が可能になります。
2.ペーパーレス化することで、蓄積した情報の2次利用が可能になります。
※実機デモ環境にて、ご紹介させて頂きます。
15:50~16:00質疑応答
     
■セミナーお申込み

食品表示法対応セミナーはご好評につき定員30名以上のお申し込みをいただきまして、満員御礼で受付終了致しました。
多数のお申し込み誠にありがとうございます!

↑このページの上部へ