消費者の方々の、食の安全・安心に関する意識が年々高まる傾向を見せている中、「食の安心・安全」のための情報管理は、食品業界全体が取り組むべき課題となっています。

  今年のフードセーフティジャパンでミツイワがご提案する「FOODS eBASE」は、生産者様、加工食品メーカー様、食品卸売業様、食品小売業様、そしてフードサービス業様
  など、食品を取り巻く業界の様々な企業様から集めたご意見に基づき開発された、原材料情報・商品情報や業務フローを一元管理することのできるパッケージソフトです。

  一貫した食品情報の共有により、それぞれの立場で最適な「食の安心・安全」の管理を行うことができるとともに、業界全体での効率的なデータの交換も可能にすることで、
  商品情報のサプライチェーンマネージメントも実現します。

  また、会場では生産現場の環境(温度・湿度・照度)の管理を実現するIoTセンサー「Logbee(ログビー)」、生産施設などにおける衛生セキュリティを強化する、
  手のひらの静脈による生体認証を採用した出退勤管理システム「きんむ@君」、生産ラインにおいて目視並みの精度での検査や、クラス分けを可能にする、ディープラーニングを
  ベースとした画像解析ソフトなど、食品産業に携わる皆さまに、是非ともご紹介したい関連ソリューションも併せて展示いたします。

  皆さまのお越しを心よりお待ちしております。





   
   (提供元: eBASE株式会社)



正しい商品情報の作成・管理には、正しく詳細な原材料情報が不可欠です。生産者様から食品メーカー様、流通企業様まで商品の情報を一貫して共有することで、消費者の皆さまに正確な品質の表示が行え、食の安全への取り組みが一層正確に、スムーズに行えます。


メーカのページはこちらから
     
     
   (提供元:チトセ工業株式会社)




筐体が防水となっている一方で、温度や湿度、照度のデータを取得できるという特徴を持っています。また、内蔵バッテリーは無交換で3年程度動作するなどロングライフ化を実現。植物工場をはじめとした農業関連や、食品製造現場など、さまざまなお客様のもとで利用が進んでいるLPWAセンサーデバイスです。


メーカのページはこちらから
     
     
   (提供元:株式会社静鉄情報センター)




富士通製の非接触型の手のひら静脈認証技術「Palm Secure」を採用した出退勤管理システム。偽造が困難である生体認証を利用しているので、なりすまし打刻などを確実に防止。また、外部条件の影響を受けにくいため、高い適用率も実現しています。


メーカのページはこちらから


  フードセーフティジャパン 2017 会場
  〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
  東京ビックサイト東2ホール 小間番号:T-46
  http://www.bigsight.jp/
  
  事前登録いただきますと、展示会への入場料(当日券は
  2,000円)が無料となります。
  入場券をお持ちでない方は、是非登録をご検討ください。
  ※FSJ2017のオフィシャルページへのリンクとなります。

  






当件のお問い合わせ先:

 ミツイワ株式会社
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル 12F
 TEL: 03-3407-2577  Fax: 03-3407-2410
 担当:第四営業部 飯島(いいじま)・小野里(おのさと)・横江(よこえ)