フードセーフティジャパン2017-食の安全・安心を実現するソリューションの専門展-出展のお知らせ

この度、富士通株式会社およびeBASE株式会社との共催により、来る9月13日(水)~9月15日(金)に開催されます「フードセーフティジャパン2017」に出展することに
いたしました。

異物混入、食中毒、食品偽装、食品ラベルの誤表示などのニュースが飛び交う度に、「食の安全・安心」に消費者の皆さまの関心が集まっています。直近でも、様々な
事故や事象が発生しております。

そのような環境下において「食の安全・安心」は、食品・飲料メーカー様、食料品商社・卸売・流通・小売業様、フードサービス業様など、「食」に携わるご関係者様
には、常に課題として意識されている重要なキーワードではないかと推察しております。

そこで今回のフードセーフティジャパン2017の会場では、「食の安全・安心」情報を効率的に交換できるプラットフォームとして開発され、数々の企業様で問題解決を
図っている食品の仕様書データベース「FOODS eBASE(フーズ・イーベース)」を解決策の一つとしてご提案いたします。

又、上記製品に加え人工知能(AI)、IoTセンサー(温度湿度管理等)、自動化、生体認証システム等のファクトリーソリューションの情報も数多く取り揃える予定です。

お忙しい中とは存じますが、是非とも「フードセーフティジャパン2017」にご来場いただき、展示にて、その効率的な「食の安全・安心」への取組みをご覧頂ければ
幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。